【番外編】ダウンロードデータの解凍・圧縮方法

JWデータのダウンロードの際など、Windowsの標準機能では解凍できないデータがあります。
その際に便利なソフト、圧縮・解凍方法を紹介します。

JWデータのダウンロードの際など、Windowsの標準機能では解凍できないデータがあります。
その際に便利なソフト、圧縮・解凍方法を紹介します。

自己紹介をする2年目CADインストラクターの佐藤さん

こんにちは!2年目CADインストラクターの佐藤です。

普段は電気工事専門ソフト(JS楽打)と水道工事専門ソフト(申請くん)の使い方を教えています。

JS楽打を使われる設計士の方には「建築図などの元データをJWCADでもらうことが多いよ~」という方がたくさんいます。

JWCADを学ぶことでJS楽打の良さをもっと深く知ることができ、CADの知識の幅も広がると思うので、JWCADを学びながらインストラクターとしてレベルアップしていきたいと思います。

あくまでもこれからJWCADを勉強していく立場なので初心者ですが、これから使っていくJWCAD初心者の方に役立つと嬉しいです。

Windows標準機能で解凍・圧縮できるデータ形式

zipのみ

標準機能で対応していないデータ形式の場合はどうしたらいいのかな…?

標準機能で対応していないデータ形式の場合はどうしたらいいのかな…?

標準機能で解凍できないデータの場合は、解凍ソフトをインストールします。

ソフトは「Lhaplus」が様々な形式に対応していておすすめです。

Lhaplusで解凍・圧縮できるデータ形式

解凍対応形式

Ace、arc、arj、b64、bh、bz2、cab、gz、jar、lzh、lzs、mim、rar、tar、taz、tbz、tgz、uue、xxe、z、zip、zoo、exe等

圧縮対応形式

b64、bh、bz2、cab、gz、lzh、tar、tar.bz2、tar.gz、zip、uue、xxe、exe等

JWCAD用のダウンロードデータは、zip以外の形式もありますが、これなら対応できそうです!

JWCAD用のダウンロードデータは、zip以外の形式もありますが、これなら対応できそうです!

実際にソフトをインストールして、解凍していきます!

Lhaplusのインストール方法

インストール

「Lhaplus」定番の圧縮・解凍ソフト – 窓の杜 (impress.co.jp)

窓の杜からダウンロードできます。

上記URLをクリックします。

1.ダウンロードボタンをクリックします。

Lhaplusを窓の杜からダウンロードするボタン

2.ダウンロードされたファイルをダブルクリックします。

PCのエクスプローラー
ダウンロードされたLhaplusのexeファイル

3.「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」の表示は「はい」をクリックし、表示されたタブの「次へ」をクリックします。

Lhaplusのセットアップ時の重要な情報が記載されている画面

4.「次へ」をクリックして進めます。

Lhaplusのセットアップでインストール先を指定する画面

5.「インストール」をクリックし、終わったら「完了」をクリックします。

Lhaplusのインストール準備完了画面
Lhaplusのインストール完了画面

6.「Lhaplusシェル初期設定」はそのまま「OK」ボタンをクリックします。

Lhaplusのシェルの初期設定をする画面

インストールが完了しました。

インストールが完了したLhaplusのアイコン

簡単にできました!

簡単にできました!

おすすめの設定

Lhaplusを既定のアプリに設定すると、zipやlzhなどの圧縮ファイルがダブルクリックで解凍できるようになります。

● 設定方法

1.zipなどの圧縮ファイルを右クリックします。

圧縮されたファイル

2.「プログラムから開く」をクリック→「別のプログラムを選択」をクリックします。

プログラムから開くの項目
別のプログラムを選択の項目

3.Lhaplusを選択し、「常にこのアプリを使って.zipファイルを開く」に設定します。

ファイルの開く方法を選択する画面

ダブルクリックで解凍できるのは本当に楽ですね…!

ダブルクリックで解凍できるのは本当に楽ですね…!

Lhaplusの解凍・圧縮方法

解凍方法

Lhaplusのアイコンに解凍したい圧縮ファイルを重ねます。

自動で解凍されます。

※Lhaplusを既定のアプリに設定(上記のおすすめ設定)しておくと、アイコンに重ねなくても圧縮ファイルをダブルクリックするだけで開くことができます。

Lhaplusでは、もちろん圧縮もできます!

Lhaplusでは、もちろん圧縮もできます!

圧縮方法

1.圧縮したいフォルダをLhaplusのアイコンの上に重ねます。

Lhaplusのアイコンの上にフォルダを重ねて圧縮フォルダを作成

2.ファイルの圧縮形式を選びます。

一般的に使われている形式は「zip」形式です。

ファイルの圧縮形式を選択する画面

3.圧縮形式を選択したら、「はい」をクリックします。

圧縮したデータが作成されます。

圧縮したフォルダ

今回は解凍・圧縮方法について学びました!
基本的にはWindows標準機能で解凍・圧縮ができそうですが、「Lhaplus」をインストールしておくとダウンロード後にデータの形式を気にせずに解凍がスムーズにできました!
JWCADデータ以外でも、今後使うことがあるかもしれないのでインストールをおすすめします。
今回は番外編をお届けしました。お役に立てたら嬉しいです。

今回は解凍・圧縮方法について学びました!
基本的にはWindows標準機能で解凍・圧縮ができそうですが、「Lhaplus」をインストールしておくとダウンロード後にデータの形式を気にせずに解凍がスムーズにできました!
JWCADデータ以外でも、今後使うことがあるかもしれないのでインストールをおすすめします。
今回は番外編をお届けしました。お役に立てたら嬉しいです。

JWCADのよくある質問

はい、無料です。
JWCADのダウンロード方法が分からない方は、こちらをご覧ください。
『【番外編】JWCADのダウンロード方法』

建物の図面にはX通、Y通など、通りに記号を付けて表示されます。
一般的に、X軸は横方向(水平)、Y軸は縦方向(垂直)で表します。

はい、あります。
メニューから[設定]→[軸角・目盛・オフセット]を選択。
『実寸』にチェック→目盛り間隔の右欄に『910,910』と数字を入力→『1/1』にチェックを
入れたらOKをクリック。
画面上に910mm間隔でグリッドが表示されます。

はい、あります。
メニューから[表示]→[ツールバー]を選択。
『初期状態に戻す』をクリックすると、ツールバーにあるコマンドの位置が、初期の状態に
戻ります。

はい、できます。
メニューから[設定]→[基本設定]→[一般(2)タブ]を選択。
『マウスホイール』の[+]または[-]にチェックを入れてOKをクリック。
[+]にチェック:ホイールを手前に回転→拡大、ホイールを奥に回転→縮小
[-]にチェック:ホイールを手前に回転→縮小、ホイールを奥に回転→拡大

JWCADでは、範囲選択で文字を含める場合、終点で右クリックをします。
左下に表示されるステータスバーに操作の指示が表示されるので、操作の途中で分からな
くなった場合は一度ステータスバーをご覧ください。

ソフトのことが詳しく分かる
デモCDをプレゼント中!

資料請求はこちら

お問い合わせ
・資料請求

お問い合わせ・資料請求