電気CADでPDFや紙図面をCADデータに変換する3つの方法とは?

電気CADでPDFファイルを変換する際は不備に注意しよう!

PDFファイルをCADデータに変換するやり方としては、CADソフトにある機能を使うのが一番便利です。また、変換できる機能を有しているソフトウェアやシステムを用いてください。ソフトリンクでは、電気CADを販売しております。

電気CADのバナー画像

PDFをCADデータに変換する方法とは?

スキャナを使ってCADに取り込む方法

最も簡単なのは、スキャナを使ってCADに取り込むというやり方です。これはPDFファイルの場合でも印刷をすることで実行可能ですし、紙図面の状態でも用いることが可能なやり方です。

こうすることで、変換用のものとしてCAD上に取り込むことができます。しかし、こうして取り込んだものはベクトルデータではありません。画像のように見えるかもしれませんが、点と線が組み合わさって表現されているだけであり、CADでの編集に対応してはいないのです。

編集もしたいという場合、PDFファイルやDGNといったファイルを下敷きとして配置する必要があります。この場合でも編集が可能になるとは限らず、場合によっては別のレイヤーを使って清書をしなくてはいけないかもしれません。この作業が発生すると時間がかなりかかってしまうので、このやり方は簡単ではありますがあまり効率的とはいえないでしょう。

システムやソフトウェアを用いる方法

画像をCADデータに変換する機能を有しているシステムやソフトウェアを用いる方法もあります。信頼できるメーカーが提供しているソフトもありますし、フリーソフトとしてインターネット上で用いることが可能なものもあります。ソフトによってどの拡張子に対応しているかは異なります。CADデータに変換することはできますが、DXFやDWGにしか対応していないケースもあるので、気をつけなければいけません。

こういったソフトを用いる場合は、手間ではありますがまずPDFファイルを別の拡張子で保存してから用いるようにしてください。いくつもの画層を組み合わせられるという点がこのやり方のメリットです。また、元画面を手直ししたり傾きや角度を補正したりすることも可能です。しかし、ソフトによって性能にはばらつきがあります。中には信頼できないフリーソフトがあり、用いたのをきっかけにウイルスに感染してしまう可能性もあるので、十分気をつけなければいけません。

PDFファイルを読み込むことができるCADを用いる方法

このやり方が最も確実に変換できます。今からCADを導入するという方は、できればPDFファイルを変換できる機能を有しているものを選んだほうが便利でしょう。もちろん、読み込んだものは編集することが可能です。

CADにはいろんな種類があるので、導入する前にPDFファイルを変換することが可能かどうかを確認してみてください。また、PDFファイルを変換した際にデータに不備が生まれてしまう場合があります。こういった不備があるとレイアウトが崩れてしまう可能性があるので、補正を行うようにしてください。紙媒体をスキャンする際にはこの不備が生まれやすくなるので、さらに気をつけなくてはいけません。

電気CAD「JS楽打」でPDFや紙図面をCADデータに変換するには

ソフトリンクが取り扱っている電気CADならベクターPDF、ラスターPDFどちらも読込・編集が可能です。

ベクター

ベクターPDFとはCADを直接PDF保存したものです。拡大しても線や文字が綺麗なで画質を維持できます。JS楽打で読み込んだ後、自動的にCADデータに変換されるため、図面上で自由に編集できます。

ベクターPDFの図面を拡大し画像

ラスター

ラスターPDFとは紙の図面をスキャナで読み込んだPDFです。スキャンPDFと呼ばれることもあります。拡大すると線や文字がギザギザで粗くなります。JS楽打では画像データとして読み込むことができ、編集も簡単にできます。

ラスターPDFの図面を拡大した画像

JS楽打ではPDFだけでなく、JWW・DWG・DXF・SXFなどの外部データにも対応しておりとても便利です。

PDFをCADに変換する際はデータの不備に注意しよう

今からCADを導入するのであれば、PDFファイルを変換できる機能を有しているCADソフトを選ぶようにしてください。PDFファイルをCADデータに変換するやり方はたくさんあるのですが、どうしても不備が生まれてしまう可能性があります。

レイアウトの崩れといったことに対応をしなければならないのは手間がかかるので、なるべくならソフト上でPDFファイルの変換ができることが望ましいです。

また、フリーソフトを用いる際は信頼性に十分気をつけてください。インターネット上にファイルをアップロードして変換するようなタイプだと、図面を盗み見られている可能性もあります。こういったセキュリティ面の問題もあるので、あまりフリーソフトを用いるのはおすすめできません。できれば専用のシステムや機能を有しているCADを用いるようにしてください。

ソフトリンクでは、電気CAD「JS楽打」を販売しております。ぜひ電気CADの導入をご検討いただき、不明点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ソフトのことが詳しく分かる
デモCDをプレゼント中!

資料請求はこちら

お問い合わせ
・資料請求

お問い合わせ・資料請求